28982823163_7974dd5a6e_h-100700486-large

任天堂は年間2〜3本のモバイルゲームを公開計画


昨年12月にリリースされたスーパーマリオランは、レビューなどでは賛否両論ありますが十分な収益を任天堂にもたらしているようです。

この成功を受けて、任天堂の君島社長はMacWorldのインタビューで2017年以降に年間2〜3本のモバイルゲームを配信していく計画だと語っています。



どうぶつの森は予定通り配信される?


任天堂は今年3月までに「どうぶつの森」と「ファイアーエムブレム」のアプリをリリースすると発表していましたが、この計画には変更がないことを祈りたいです。